メタボリックシンドロームと睡眠

最近、メタボリックシンドロームという言葉をあちこちで耳にするようになりました。健康あっての人生ですので、気になるようなことがあれば、医師の診断と対策をきっちりと行いましょう。

スポンサードリンク



メタボリックシンドロームの対策をするには、過食をしないようにした上でバランスのよい食事を考える、適度な運動や体操を行うということが最大のポイントになります。

chnu043-s.gif

しかし、これに加えて様々な生活習慣も改善すべき点であり、メタボリックシンドロームを考えても当然のことですね。メタボリックシンドロームで問題視される生活習慣病も「生活習慣」というキーワードが含まれていますよね。

様々な生活習慣の中でも、メタボリックシンドロームで特に問題になるのは、過度な飲酒・寝不足・喫煙などです。飲酒や喫煙などは自分の意思次第である程度コントロールできますが、ハードワークをこなしている人にとって、寝不足が生活習慣の中でも改善すべき点でもあり、なかなか改善できない点なのではないでしょうか?

かくいう筆者も今は改善しましたが、ハードワークが原因である生活習慣病を患ってしまった経験を持ちます。

働かなければお給料はもらえないし、働きすぎると体が不調をを起こす。なんともしがたい問題です。

しかし、ハードワークにより寝不足になってしまうと体調も不良を起こし、なにより肥満の原因にもなってしまいます。

睡眠不足は食欲を増進させてしまいます。逆に寝すぎてしまうというのも、肥満を増進させてしまうということをおぼえておきましょう。

最適な睡眠時間は一般に7時間~8時間程といわれますが、人によって適した睡眠時間というのはちがってきます。自分自身が一番最適な睡眠時間を知っているのですから、意識してなるべく適した睡眠時間をとるようにしましょう。

ボクシングはご存じのように体重制限のあるスポーツです。ダイエットは彼らにとって選手生命にもかかわります。体重を落としながら健康も考えるなら、減量のプロであるボクサーが使っている方法を!⇒⇒⇒<<協栄ボクシング・公式オンラインショップへ!>>


edit

スポンサードリンク