メタボリックシンドロームとストレス

最近、メタボリックシンドロームという言葉をあちこちで耳にするようになりました。健康あっての人生ですので、気になるようなことがあれば、医師の診断と対策をきっちりと行いましょう。

スポンサードリンク



ストレス太りという言葉を聞くことがありますが、実際にストレスをため込んでしまうと、肥満につながってしまうことがあります。また、逆にストレスにより食欲がなくなってしまうこともあります。

ilm14_ab01004-s.gif

ストレス解消方法をアルコールに求めてしまう場合がありますが、過度なアルコール摂取もメタボリックシンドロームの大敵ですから注意するようにしましょう。

ストレスが食欲を増進してしまうのは、ストレスがアドレナリンや副腎皮質ホルモンなどを分泌させることにより、脂肪が分解されて空腹感が増してしまうからです。

ストレスを受けてしまうと、ついつい食べ物の方に手が伸びてしまい、食べることがストレス解消になってしまっているとしたら、肥満したことが再びストレスになってしまうという悪循環になってしまいます。

現代社会においてストレスを感じないような生活というのは、ほぼ無理でしょう。しかし、ストレスをためないように意識してコントロールするとしないとでは、明らかに違いがでてくるはずです。

メタボリックシンドロームの予防や対策・肥満の予防や対策のためにも、なるべくストレスをため込まずにする生活習慣を心がけるようにしましょう。

また、ストレスを食べることで解消せず、他のストレス解消方法を考えることも大切です。メタボリックシンドロームを予防するためには、適切な時間、適切な量の運動をするということがとても重要な要素になりますから、この運動をストレス解消方法として取り入れるようにすると、一石二鳥です。

ボクシングはご存じのように体重制限のあるスポーツです。ダイエットは彼らにとって選手生命にもかかわります。体重を落としながら健康も考えるなら、減量のプロであるボクサーが使っている方法を!⇒⇒⇒<<協栄ボクシング・公式オンラインショップへ!>>


edit

スポンサードリンク