心臓病になってからでは遅い

最近、メタボリックシンドロームという言葉をあちこちで耳にするようになりました。健康あっての人生ですので、気になるようなことがあれば、医師の診断と対策をきっちりと行いましょう。

スポンサードリンク



メタボリックシンドロームが引き起こしてしまう病気のひとつに心臓病があります。心臓病は日本人の死亡原因の(不名誉な)第2位である病気です。

ilm09_ad07003-s.gif

死亡原因はガン、心臓病、脳卒中と続きます。この三つの疾患で日本人の死亡原因の約6割をも占めています。メタボリックシンドロームになると、恐ろしいことに心臓病にも脳卒中にもなりやすくなってしまいます。

心臓病の中でも代表的なものは狭心症や心筋梗塞で、動脈硬化が原因になります。死亡原因の第2位にもなることからもわかるように、生命に関わることが多い病気ですし、命を落とさなくても後遺症が残ってしまうことが多い病気なのです。

○狭心症
心筋症の症状は「胸が激しく痛む」「胸が激しく締め付けられる」などで、心臓をとりまいている冠動脈が狭くなり心臓への血液の供給が悪くなって起ります。

○心筋梗塞
症状としては「胸が激しく痛む」や呼吸困難や嘔吐などで、冠動脈の血管内部が詰まってしまうことにより血液の流れが悪くなり、心臓の一部が壊死を起こします。

狭心症や心筋梗塞の原因になってしまう動脈硬化とは、動脈が硬化してしまうことです。

この動脈硬化の原因とされるのは、高血圧によるもの・コレステロールの異常などです。もちろん、加齢による動脈硬化も起りえますが、動脈硬化はメタボリックシンドロームに関係する、内臓脂肪が蓄積したことが大きく関係します。

ボクシングはご存じのように体重制限のあるスポーツです。ダイエットは彼らにとって選手生命にもかかわります。体重を落としながら健康も考えるなら、減量のプロであるボクサーが使っている方法を!⇒⇒⇒<<協栄ボクシング・公式オンラインショップへ!>>


edit

スポンサードリンク