激痛が走る痛風

最近、メタボリックシンドロームという言葉をあちこちで耳にするようになりました。健康あっての人生ですので、気になるようなことがあれば、医師の診断と対策をきっちりと行いましょう。

スポンサードリンク



痛風(高尿酸血症)は「風が吹いても痛い」というほどの激痛が走るために付けられた名前です。昔は中年男性に多く見られていました。現在でも患者数の9割以上は男性です。しかし、痛風は最近、若年層や女性にも増えている病気です。

ilm09_dd03004-s.jpg

若年層や女性にもこの痛風が増加している原因は、肥満(メタボリックシンドローム)にあるといわれています。若い女性の場合には、無理なダイエットなどが原因の、無月経などの月経異常もあるといわれていますが、これは、女性ホルモンが尿酸の排泄に関係があるためです。

痛風は、尿酸が血液中に多いことが原因となり、尿酸が関節にたまってしまうことにより起ります。関節にたまってしまった尿酸は、結晶化して神経を刺激します。また、白血球が尿酸を排除しようと働くため、これも激痛の原因になります。

なぜ、肥満(メタボリックシンドローム)が痛風の原因になってしまうのかというと、尿酸をコントロールしている腎臓の機能に影響を与えるためだとされます。

痛風(高尿酸血症)と肥満(メタボリックシンドローム)のメカニズムは、はっきりとは解明されていないのが現状ですが、肥満と尿酸値の関係は確認されており、肥満である人のほとんどは高い尿酸値を示します。

また、痛風の合併症には肥満の他にも、高血圧や高中性脂肪、高コレステロール血症などがあります。このことからも分かるように、痛風とメタボリックシンドロームとの関連性は大いにあるといえるでしょう。

ボクシングはご存じのように体重制限のあるスポーツです。ダイエットは彼らにとって選手生命にもかかわります。体重を落としながら健康も考えるなら、減量のプロであるボクサーが使っている方法を!⇒⇒⇒<<協栄ボクシング・公式オンラインショップへ!>>


edit

スポンサードリンク