運動や体操前にこんな点に気をつけましょう

最近、メタボリックシンドロームという言葉をあちこちで耳にするようになりました。健康あっての人生ですので、気になるようなことがあれば、医師の診断と対策をきっちりと行いましょう。

スポンサードリンク



メタボリックシンドロームを気にして運動を行おうと考える方は、主に中年の方ではないかとおもいます。運動や体操を行う時には、体力的にも無理をしないよう充分に注意して行うようにしましょう。

ilm09_ba01034-s.gif

まず、健康面で自信がない方は、病院で医師によるメディカルチェックを受けることをおすすめします。特に内科的な疾患がすでに体に起っている場合には必ずチェックを行うようにしてください。

皮下脂肪に比べて内臓脂肪は落としやすいとはいえ、内臓脂肪は長期に渡って蓄積されたものですので、運動を短期間行うだけでは燃やすことはできないものであると考えましょう。

水泳やテニスゴルフなどもメタボリックシンドロームに対して効果があるといえますが、長期間行うことが大切なことですから、長く続けられるスポーツを選ぶようにします。

そういった意味でも、特別な場所や道具も必要がないウォーキングは、やはりおすすめのダイエットメニューです。また、ウォーキングは相手も必要ありませんから、自分のペースで行うことができるというメリットもあります。

運動を行う前には充分にウォーミングアップを行い、自分の体力に合わせたスピードで歩くことや、時間を調整することはとても大切なことです。

はりきってウォーキングなどの運動を行う気持ちは分かりますが、思わぬケガのもとになってしまうこともありますし、せっかく始めても三日坊主で終わってしまっては意味がありません。

運動や体操の途中でも気分がすぐれない時には、すぐに中止することや、体調不良の時には無理をして運動しないようにすることも大事です。

ボクシングはご存じのように体重制限のあるスポーツです。ダイエットは彼らにとって選手生命にもかかわります。体重を落としながら健康も考えるなら、減量のプロであるボクサーが使っている方法を!⇒⇒⇒<<協栄ボクシング・公式オンラインショップへ!>>


edit

スポンサードリンク