メタボリックシンドロームに対する運動の効果

最近、メタボリックシンドロームという言葉をあちこちで耳にするようになりました。健康あっての人生ですので、気になるようなことがあれば、医師の診断と対策をきっちりと行いましょう。

スポンサードリンク



メタボリックシンドロームを予防するため、また、改善するために運動がよいということは、皆さん漠然とでもお分かりかとおもいます。

hlt004b-s.gif

メタボリックシンドロームを考えると、食事にも気をつける必要がありますが、運動と食事どちらが欠けてもメタボリックシンドローム対策が充分であるとはいえません。食事ダイエットだけでメタボリックシンドロームをやっつけようと考えてしまうと、筋肉まで落ちてしまいます。

また、内臓脂肪は皮下脂肪と比較しても、運動や体操を行うことによって落としやすい脂肪です。内臓脂肪は体のエネルギー消費に敏感に反応しますから、メタボリックシンドロームに運動が効果的なのです。

体のエネルギー消費は最初、血液中の糖分、次に筋肉などのグリコーゲンから消費します。最後に消費されるのが中性脂肪という順番になります。ですので、短距離走や重量あげなど瞬発力を競う体操や運動ではメタボリックシンドローム対策ではもちろん、健康面を考えてもあまり効果が期待できません。

メタボリックシンドローム対策を考えて行う運動や体操は、長い時間を使って、脂肪を燃焼させるための酸素を充分に取り込むことができる、ウォーキングに代表されるような有酸素運動を行うようにします。

しかし、長期間運動していなかった方や特に健康診断で異常値が見つかった方などは、医師と相談の上で運動や体操を行うように、また、徐々に運動を行うようにしましょう。

ボクシングはご存じのように体重制限のあるスポーツです。ダイエットは彼らにとって選手生命にもかかわります。体重を落としながら健康も考えるなら、減量のプロであるボクサーが使っている方法を!⇒⇒⇒<<協栄ボクシング・公式オンラインショップへ!>>


edit

スポンサードリンク