生活習慣を変えてメタボリックシンドロームを改善

最近、メタボリックシンドロームという言葉をあちこちで耳にするようになりました。健康あっての人生ですので、気になるようなことがあれば、医師の診断と対策をきっちりと行いましょう。

スポンサードリンク



日常生活でも生活習慣を変える意識があれば、メタボリックシンドロームの対策になることがたくさんあります。運動や体操も毎日行った方がよいですが、どうしても時間的な余裕がないのであれば、特に日常生活にも気を使いたいものです。

sbshc034-s.gif

通勤時には電車内で座らない、もたれない、ひと駅前で降りて勤務先まで歩く。また、自転車で通勤が可能な距離であれば、自転車を利用するのもよい方法です。歩ける距離であれば、ぜひ歩いて通勤してみるようにしましょう。

会社に着いてからでも、なるべくエレベーターは使わずに階段を利用するというのも効果的です。

会社で昼食を食べたあとは、20~30分ほど近所を散歩することもできますね。

内臓脂肪を燃焼させるためには、その他にも、ちょっと工夫することによって有酸素運動に変えることができます。

掃除や洗濯、窓拭き、あるいはお風呂の掃除などの家事を行う時にも、リズミカルに軽く汗を流すくらいのペースで行うことで上手にカロリーを消費することができます。

また、犬を飼っている家庭であれば、率先して犬を散歩に連れて行くというのも、ちょうどいい運動になります。飼い主ばかりか愛犬も好きな散歩が十分できて幸せになれます。

メタボリックシンドロームを改善するためには、長期間続けることが重要なポイントになりますから、無理せずあせらず少しずつでも行うようにしましょう!

ボクシングはご存じのように体重制限のあるスポーツです。ダイエットは彼らにとって選手生命にもかかわります。体重を落としながら健康も考えるなら、減量のプロであるボクサーが使っている方法を!⇒⇒⇒<<協栄ボクシング・公式オンラインショップへ!>>


edit

スポンサードリンク