よく噛んで食べメタボリックシンドロームを撃退

最近、メタボリックシンドロームという言葉をあちこちで耳にするようになりました。健康あっての人生ですので、気になるようなことがあれば、医師の診断と対策をきっちりと行いましょう。

スポンサードリンク



実は食べ物をよく噛んで時間をかけて食事をするだけで、メタボリックシンドロームの対策になります。早食いは肥満のリスクを3倍以上にも高めてしまうデーターさえもあります。

sbshc024-s.gif

食べ物をよく噛んで時間をかけて食べると、ヒスタミンが分泌され、満腹中枢を刺激します。一方、早食いをしてしまうと、満腹中枢が刺激されないまま食事が終わり、満腹感も得られずに過食になってしまう危険性もあります。

また、ヒスタミンの分泌は交感神経を刺激しますが、内臓脂肪は交感神経に支配されていますので、内臓脂肪が溶けやすくなるのです。

食べ物をよく噛んで時間をかけて食事をすると、満腹感が得られ過食防止にもなり、内臓脂肪を消費しやくすします。いかにメタボリックシンドロームの対策になるかが分かるとおもいます。

「忙しい現代社会にあってとても悠長に食事をしている暇なんかないよ!」という声も聞こえてきそうですが、仕事よりか健康が第一だという考えが大切だとおもいますし、早食いをしてしまう人は、ひとつの癖のようになってしまっているのではないかとおもいます。

ダイエットの食事と聞くとカロリー計算ばかりが表立っていわれますが、ゆっくりと食事を摂るということはとても大切なことなのです。

また、メタボリックシンドロームを対策・改善するためには運動と食事がポイントになりますから、両方が必要だということをしっかりと認識して行う必要があります。

ボクシングはご存じのように体重制限のあるスポーツです。ダイエットは彼らにとって選手生命にもかかわります。体重を落としながら健康も考えるなら、減量のプロであるボクサーが使っている方法を!⇒⇒⇒<<協栄ボクシング・公式オンラインショップへ!>>


edit

スポンサードリンク