規則正しく食べメタボリックシンドローム対策

最近、メタボリックシンドロームという言葉をあちこちで耳にするようになりました。健康あっての人生ですので、気になるようなことがあれば、医師の診断と対策をきっちりと行いましょう。

スポンサードリンク



メタボリックシンドロームを撃退するためには、規則正しいし食生活を行うことも大きな意味を持っています。

規則正しい食生活とは、朝食を抜いたりせず1日に3食をきちんと食べることと、夜遅くに夕食を食べたりせず、適切な時間に食事を摂るということです。

ilm16_aa05003-s.jpg

大人でも子供でも朝食抜きという方がとても多いですし、夜型の生活になってしまって夜食を必ず食べるという方も多いのですが、人間の体は朝昼夜とリズムがありますから、それではとても健康的な生活は望めませんし、当然の結果ともいえますが、肥満の原因を自ら作ってしまっていることになります。

例えば朝食を抜くと、一食分のカロリーを摂らないので、それだけスリムになれるような気がします。でも、これは間違った考えで、人間の体は昼食と夕食で一気にカロリーを吸収しようとしますから、結果的に内臓脂肪をため込みやすい状態を作ってしまうということになってしまいます。

また、夜食を摂るということも、肥満しやすい状態になります。夜間はあと寝るだけの状態なのですから、エネルギー代謝はよくない状態です。その時間帯に夜食をとってしまうと、食べた食べ物はエネルギーには変わりにくく、脂肪として合成され、脂肪細胞に蓄積されやすくなってしまいます。つまり、メタボリックシンドロームの大敵である、内臓脂肪が増えてしまうということにつながってしまいます。

夕食は特に寝ている間のエネルギーだけでよいわけですから、摂り過ぎないことも頭におくようにしましょう。

ボクシングはご存じのように体重制限のあるスポーツです。ダイエットは彼らにとって選手生命にもかかわります。体重を落としながら健康も考えるなら、減量のプロであるボクサーが使っている方法を!⇒⇒⇒<<協栄ボクシング・公式オンラインショップへ!>>


edit

スポンサードリンク