肥満は遺伝するのか?

最近、メタボリックシンドロームという言葉をあちこちで耳にするようになりました。健康あっての人生ですので、気になるようなことがあれば、医師の診断と対策をきっちりと行いましょう。

スポンサードリンク



肥満は遺伝することが確認されています。肥満が遺伝するとはいっても、体型が遺伝するわけではありあません。同じ動きをしてもエネルギー消費量が少なく、体脂肪をためやすいといったものが遺伝するということです。

ilm09_ad03001-s.gif

両親の肥満がどれ位の確立で子供へと遺伝してしまうのかというと、両親共に肥満である場合には約8割、父親のみが肥満の場合には約3割、母親のみの場合は約7割だとされます。母親の方からの遺伝する確立が高いのは、父親より母親の体質の方が遺伝しやすいためだとされています。

ただし、現在の肥満児に影響しているのは、遺伝的な要素ももちろんありますが、大きく影響を及ぼしているのは生活習慣だということがいわれています。

例えば食生活を考えてみると、肥満児とそうでない子供の必要エネルギー量は大きくは変わらず、1日でごはん約1杯分ほどだとされています。ですので、肥満の子供は少し食べる量を減らすだけでよいということになります。

一方生活習慣を見てみると、遊びもエネルギーを消費するような外での遊びではなく、室内遊びを多くしますし、毎日が塾通いで遊ぶ暇さえもないという子供もたくさんいます。大人と同じく夜型の生活になってしまっている子供もたくさんいます。

子供の肥満も大人と同じように、夜更かしをせず睡眠を充分とるなど、生活習慣を見直す、朝食を抜かないなど食生活を見直す、運動を充分行うなどを行えば改善するはずです。

大人でも子供でも、肥満は体質だからとあきらめる必要は全くありません。

ボクシングはご存じのように体重制限のあるスポーツです。ダイエットは彼らにとって選手生命にもかかわります。体重を落としながら健康も考えるなら、減量のプロであるボクサーが使っている方法を!⇒⇒⇒<<協栄ボクシング・公式オンラインショップへ!>>


edit

スポンサードリンク