子供のメタボリックシンドローム

最近、メタボリックシンドロームという言葉をあちこちで耳にするようになりました。健康あっての人生ですので、気になるようなことがあれば、医師の診断と対策をきっちりと行いましょう。

スポンサードリンク



メタボリックシンドロームは、主に中高年の方が対象になる病態ですが、最近はメタボリックシンドロームになってしまう子供も増えているそうです。メタボリックシンドロームではなくても肥満という観点で見れば、肥満児童は最近の30年間で3倍にも増えています。

ilm09_ad03002-s.gif

メタボリックシンドロームになってしまう原因は、遺伝的な要素も加味されますが、過食や運動不足などの要素も大きく、子供であるからといって特別な理由があるわけではありません。

子供のメタボリックシンドロームも大人のメタボリックシンドロームの原因と同じですから、予防や対策も同じです。

ただ、昔と比較して子供が外で遊ばずゲームやDVDを見たりと、室内で遊ぶことが多くなったということも肥満児やメタボリックシンドロームを作ってしまっている要因のひとつといわれています。一歩外にでれば交通量も多く、遊ぶ場所である空き地や広場も少なくなったりと、我々大人は今の子供たちに本当に申し訳ないことをしているとおもいます。

子供の食生活を考えると、子供は内臓脂肪をため込みやすい食べ物が好きですね。フライものやハンバーガー、それにおやつにはスナック菓子やジュースなどなど。

子供にカロリーを考えながら食べなさいといっても理解しがたいでしょうから、具体的に野菜や豆類、魚などが食べて体によいもので、スナック菓子やジュース類、ハンバーガーなどは体にとってよくないものと教えるようにしましょう。

それから、夜型の生活習慣を改善させる、なるべく外で遊ばせるなどの指導も親の役目でもあります。

ボクシングはご存じのように体重制限のあるスポーツです。ダイエットは彼らにとって選手生命にもかかわります。体重を落としながら健康も考えるなら、減量のプロであるボクサーが使っている方法を!⇒⇒⇒<<協栄ボクシング・公式オンラインショップへ!>>


edit

スポンサードリンク