死の四重奏とは

最近、メタボリックシンドロームという言葉をあちこちで耳にするようになりました。健康あっての人生ですので、気になるようなことがあれば、医師の診断と対策をきっちりと行いましょう。

スポンサードリンク



死の四重奏(デッドリーカルテット)。なんとも恐ろしい名称です。

この死の四重奏は、アメリカの研究者が発表したもので、内容はメタボリックシンドロームと似ていますが、メタボリックシンドロームより早くからいわれてきた概念です。

chnu041-s.gif

肥満・高血圧症・高脂血症・糖尿病が重なってしまうことにより、動脈硬化を誘引してしまい、死の序曲を奏でるという恐ろしい状態を指します。

内臓脂肪の蓄積は、高脂血症・高血圧症・高血糖(糖尿病)を引き起こしやすくしてしまいます。ひとつひとつの疾患も怖いものですが、これらが重なってしまうと、もっと恐ろしい動脈硬化を起こす危険性が高まってしまいます。

動脈硬化は読んで字の如く、本来なら弾力性と柔軟性を持っているべき血管が硬くなってしてしまう状態です。加齢により動脈硬化は進みますが、生活習慣や上記の疾患により加速してしまうというわけです。

高血圧症などの単一の疾患より、動脈硬化がより恐ろしいというのは、脳梗塞などの脳の血管が原因の病気や、心筋梗塞などの心臓の病気を動脈硬化が引き起こしてしまう可能性が高くなるからです。これらの病気は致死率が高く、一命を取り留めても寝たきりの状態になったり、手足に麻痺が残るなど機能障害も起こしやすくなってしまいます。

日本人の3大死亡原因は、ガン、心臓病、脳卒中と続きます。上記の3つの疾患で死亡原因の約6割を占め、しかも心臓病と脳卒中を合わせると、ガンに匹敵する割合にもなります。

死の四重奏では、この第2位と第3位の疾患にかかりやすくなってしまうのです。

ボクシングはご存じのように体重制限のあるスポーツです。ダイエットは彼らにとって選手生命にもかかわります。体重を落としながら健康も考えるなら、減量のプロであるボクサーが使っている方法を!⇒⇒⇒<<協栄ボクシング・公式オンラインショップへ!>>


edit

スポンサードリンク