メタボリックシンドロームの定義

最近、メタボリックシンドロームという言葉をあちこちで耳にするようになりました。健康あっての人生ですので、気になるようなことがあれば、医師の診断と対策をきっちりと行いましょう。

スポンサードリンク



メタボリックシンドロームとは、日本語では「代謝異常症候群」、一般的には「内臓脂肪症候群」と呼ばれるもので、2006年あたりからテレビの健康番組や新聞などのメディアでもさかんに報道されるようになりました。

chnu015-s.gif

メタボリックシンドロームが日本で知られるようになったのは最近ですが、実はWHOにより1998年に定義された考え方(病態)です。ちなみに日本のメタボリックシンドロームの診断基準は、2005年に日本内科学会総会で作られました。

メタボリックシンドロームの危険因子には、内臓脂肪型肥満・高脂血症・高血圧・高血糖という4つの危険因子があり、内臓脂肪型肥満の他にふたつ以上の危険因子を持っていると、メタボリックシンドロームと診断されます。

つまりメタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満が必須の条件になっているということです。このことからも分かるように、内臓脂肪型肥満は悪の根源ともいえるものなのです。

内臓脂肪型肥満以外の数値がさほど大きな異常ではなくても、内臓脂肪型肥満といっしょになってしまうと、大きく生活習慣病への危険度が増します。具体的には内臓脂肪型肥満を含み3つが該当すると正常な人に比べて心臓病を患う可能性が、なんと30倍以上にも跳ね上がってしまいます。

一見やせているように見える方でも、おなかがぽっこりしている方(近年増加傾向にあるそうです)は、よく知られる肥満度の指数であるBMIでは標準であっても、メタボリックシンドロームには該当してしまうという方もいらっしゃるのです。BMIが標準だからと安心していらっしゃる方でも、メタボリックシンドロームの診断基準には該当しないのか、本当に注意が必要です。

ボクシングはご存じのように体重制限のあるスポーツです。ダイエットは彼らにとって選手生命にもかかわります。体重を落としながら健康も考えるなら、減量のプロであるボクサーが使っている方法を!⇒⇒⇒<<協栄ボクシング・公式オンラインショップへ!>>


edit

スポンサードリンク