メタボリックシンドロームの診断基準ウエスト男女のちがい

最近、メタボリックシンドロームという言葉をあちこちで耳にするようになりました。健康あっての人生ですので、気になるようなことがあれば、医師の診断と対策をきっちりと行いましょう。

スポンサードリンク



メタボリックシンドロームの診断基準で男性と女性で唯一ちがいがあるのが、ウエスト径(腹囲)です。男性では85㎝以上、女性では90㎝以上であれば、内臓脂肪型肥満とされています。他のメタボリックシンドロームの診断基準である、高脂血症・高血圧・高血糖の数値にはちがいがありません。

ilm16_bb01023-s.jpg

男性からすれば、「なんで5cmもちがうのか?」ということになるかもしれませんが、女性が優遇されているわけでもなんでもありません。もちろん意味があって数字がちがっています。

例え85cmのウエストでも男性は内臓脂肪がついていて、女性ではそうでないと判断されるのかというと、女性はもともと皮下脂肪がつきやすいという体型的なちがいがあるためです。

男性の方が同じウエストでも条件がきびしいとはいえ、女性も安心できません。特に女性が注意すべき点は、閉経後に内臓脂肪の蓄積するスピードが2倍以上に速くなる場合があるということです。

内臓脂肪のつき具合というのは、本来ならばCTでの検査が必要なのですが、内臓脂肪を見るためだけにCT検査を行うのは、検査に伴う危険性を考えると行うまでの必要性はないといえます。

メタボリックシンドロームの診断基準で該当する、男性女性それぞれのウエスト(腹囲)の太さというのは、推定でCTで検査するところの脂肪面積100平方cmにあたり、それ以上の内臓脂肪はメタボリックシンドロームの診断基準に引っかかってしまうという考え方を行います。

ちなみに日本のメタボリックシンドロームの診断基準は独特のもので、諸外国とは同じではありません。

ボクシングはご存じのように体重制限のあるスポーツです。ダイエットは彼らにとって選手生命にもかかわります。体重を落としながら健康も考えるなら、減量のプロであるボクサーが使っている方法を!⇒⇒⇒<<協栄ボクシング・公式オンラインショップへ!>>


edit

スポンサードリンク