BMIでは内臓脂肪が判断できない

最近、メタボリックシンドロームという言葉をあちこちで耳にするようになりました。健康あっての人生ですので、気になるようなことがあれば、医師の診断と対策をきっちりと行いましょう。

スポンサードリンク



一般的な肥満の指数を求めるのに、BMIという指標があります。身長の2乗に対しての体重の比で、その人の体格を表します。

○BMI(Body Mass Index)の計算方法
BMI=体重(kg)÷身長(m)2という計算式を使用します。

○BMIの判断基準
18.5以上、25未満=正常
25以上=肥満
18.5未満=やせ

このBMI(ボディ・マス・インデックス)は、例えば同じ65Kgの体重の人でも、身長がちがうAさん(身長175cm)とBさん(身長163cm)では、当然肥満か肥満でないかはちがってくるという考えの基での計算です。

ilm09_ad03003-s.gif

そういった意味ではBMIは非常にすぐれている公式なのですが、内臓型肥満でも皮下脂肪が多くついていても、同じ肥満となってしまいます。例えBMIで正常値であっても、メタボリックシンドロームの診断基準では内臓肥満になることもあります。いわゆるかくれ肥満というやつです。

一方、メタボリックシンドロームの診断基準の基本(必須項目)になるウエスト周囲径は、メジャーが一本あれば測定ができます。

メタボリックシンドロームの診断基準には、必須項目であるウエスト径の他に高脂血症・高血圧・高血糖がありますが、ウエスト径を測定するだけでも、メタボリックシンドロームの予防や対策を考えるきっかけを作ることができます。

メタボリックシンドロームの他の危険因子は病院で検査しないと分かりませんが、腹囲を計測してメタボリックシンドロームに該当するようであれば、自らの生活習慣を改善するきっかけにもなります。

ボクシングはご存じのように体重制限のあるスポーツです。ダイエットは彼らにとって選手生命にもかかわります。体重を落としながら健康も考えるなら、減量のプロであるボクサーが使っている方法を!⇒⇒⇒<<協栄ボクシング・公式オンラインショップへ!>>


edit

スポンサードリンク