メタボリックシンドロームは、日本では2006年ころからあちらこちらで見聞きするようになり、今では誰もが知っている概念です。しかし、本当はそれより随分前から(1998年)WHOにより定義されていました。このメタボリックシンドロームになってしまうと、健康な人と比較して脳卒中や心臓病など命に関わるような生活習慣病を患ってしまう確率が、驚くほどの数値に高まってしまいます。その数値はなんと、一気に30倍以上と驚愕の数値です。メタボリックシンドロームにならないようにする、さらにメタボリックシンドロームから脱するための具体的な対策に当サイトをご活用ください。


ボクシングはご存じのように体重制限のあるスポーツです。ダイエットは彼らにとって選手生命にもかかわります。体重を落としながら健康も考えるなら、減量のプロであるボクサーが使っている方法を!⇒⇒⇒ <<協栄ボクシング・公式オンラインショップへ!>>


メタボリックシンドローム対策項目一覧